国内旅行総合保険
補償の概要

保険金の種類 保険金をお支払いする場合 お支払いする保険金 保険金をお支払いできない主な場合




死亡
保険金
旅行の目的をもって住居を出発してから住居に帰着するまでの日本国内(※1)における旅行行程(以下「旅行行程」といいます。)中に、急激かつ偶然な外来の事故(以下「事故」といいます。)によりケガ(※2)をされ、そのケガのため事故の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合 死亡・後遺障害保険金額の全額

(注)すでに支払った後遺障害保険金がある場合は、死亡・後遺障害保険金額からすでに支払った金額を差し引いた額をお支払いします。

・ご加入者、被保険者(保険の補償を受けられる方)や保険金受取人の故意または重大な過失によるケガ

・けんかや自殺、犯罪行為を行うことによるケガ

・自動車または原動機付自転車の無資格運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用しての運転中に生じた事故によるケガ

・脳疾患、疾病、心神喪失によるケガ

・妊娠、出産、流産または外科的手術などの医療処置によるケガ

・地震もしくは噴火またはこれらによる津波によるケガ

・戦争、内乱、暴動などによるケガ(※4)

・ピッケルなどの登山用具を使用とする山岳登はん、ロッククライミング、フリークライミング、リュージュ、ボブスレー、航空機操縦(ただし、職務として操縦する場合を除きます。)、ハンググライダー搭乗などの危険な運動中のケガ

・自動車、オートバイ、モーターボート等による競技等を行っている間のケガ

・むちうち症、腰痛その他症状を訴えている場合であっても、それを裏付けるに足りる医学的他覚所見()の無いもの

()医学的他覚所見とは理学的検査、神経学的検査、臨床検査、画像検査等により認められる異常所見をいいます。

など

後遺障害
保険金
旅行行程中に事故によりケガ(※2)をされ、事故の日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合 後遺障害の程度に応じて、死亡・後遺障害保険金額の4%〜100%

(注)保険期間(保険のご契約期間)を通じ合算して死亡・後遺障害保険金額が限度となります。

入院
保険金
旅行行程中に事故によりケガ(※2)をされ、事故の日からその日を含めて180日以内に入院された場合 入院保険金日額×入院日数

(注1)事故の日からその日を含めて180日を経過した後の入院に対しては、入院保険金をお支払いできません。

(注2)入院保険金が支払われる期間中に別の事故によりケガをされても、入院保険金は重複してはお支払いできません。

手術
保険金
旅行行程中に事故によりケガ(※2)をされ、その治療のため、事故の日からその日を含めて180日以内に、病院または診療所において手術(※3)を受けられた場合 以下の金額をお支払いします。

①入院中(注)に受けた手術の場合
入院保険金日額×10

②上記①以外の手術の場合
入院保険金日額×5
ただし、1事故につき事故の日からその日を含めて180日以内の手術1回に限ります。

(注)事故により被ったケガを直接の結果として入院している間をいいます。

通院
保険金
旅行行程中に事故によりケガ(※2)をされ、事故の日からその日を含めて180日以内に通院された場合
なお、通院には往診を含みますが、治療を伴わない薬剤、診断書、医療器具等の受領等のためのものは含みません。
通院保険金日額×通院日数
〈90日限度〉

(注1)通院保険金が支払われる期間中に別の事故によりケガをされても、通院保険金は重複してはお支払いできません。

(注2)通院しない場合においても、骨折等のケガをされた場合において、所定の部位(※5)を固定するために被保険者以外の医師の指示によりギプス等(※6)を常時装着したときは、その日数について保険金をお支払いします。

賠償責任
保険金
(特約)
旅行行程中に偶然な事故で他人にケガをさせたり、他人の物を壊したことにより、法律上の損害賠償責任を負担することによって損害を被った場合

(注)この特約における被保険者(保険の補償を受けられる方)は次のいずれかに該当する方となります。

①本人

②本人が未成年または責任無能力者である場合は、その方の親権者・監督義務者。ただし、未成年または責任無能力者の方の事故に限ります。

損害賠償金ならびに訴訟費用、損害の防止に要した費用および緊急措置に要した費用等の合計額

(注1)損害賠償金は、1回の事故につき、賠償責任保険金額が限度となります。

(注2)損害賠償責任の全部または一部を承認しようとするときは、あらかじめ共栄火災にご相談ください。

(注3)他の保険契約等がある場合でそれぞれの支払責任額の合計額が損害額を超えるときは、次の①・②に掲げる額のいずれかを保険金としてお支払いします。

①他の保険契約等から保険金または共済金が支払われていない場合
・この保険契約の支払責任額

②他の保険契約等から保険金または共済金が支払われた場合
・次の算式によって算出した額。ただし、この保険契約の支払責任額を限度とします。

(注4)訴訟費用等は損害賠償額が賠償責任保険金額を上回る場合には賠償責任保険金額の損害賠償金に対する割合によってお支払いします。

・ご加入者、被保険者(保険の補償を受けられる方)の故意による損害賠償責任

・地震もしくは噴火またはこれらによる津波による損害賠償責任

・戦争、内乱、暴動などによる損害賠償責任(※4)

・職務遂行に直接起因する損害賠償責任(仕事上の損害賠償責任)

・被保険者と同居する親族および旅行行程を同じくする親族に対する損害賠償責任

・受託品に対する損害賠償責任(ただし、ホテル等の宿泊施設の客室に与えた損害を除きます。)

・心神喪失に起因する損害賠償責任

・核燃料物質の有害な特性による損害賠償責任

・自動車等の所有、使用、管理に起因する損害賠償責任

など

救援者費用等
保険金
(特約)
旅行行程中に次のいずれかに該当したことにより、加入者、被保険者(保険の補償を受けられる方)または被保険者の親族が費用(捜索救助費用、交通費、宿泊費、移送費用等)を負担した場合

(1)被保険者が搭乗している航空機・船舶が行方不明になった場合または遭難した場合

(2)急激かつ偶然な外来の事故により、被保険者の生死が確認できない場合、または緊急な捜索・救助活動を要する状態となったことが警察等の公的機関により確認された場合

(3)事故によりケガをされ、そのケガのため事故の日からその日を含め180日以内に死亡した場合または継続して14日以上入院した場合

左記の費用のうち、社会通念上妥当な額をお支払いします。

(注1)複数回お支払い事由が発生した場合でも、保険期間を通じて救援者費用等保険金額が限度となります。

(注2)他の保険契約等がある場合でそれぞれの支払責任額の合計額が費用の額を超えるときは、次の①・②に掲げる額のいずれかを保険金としてお支払いします。

①他の保険契約等から保険金または共済金が支払われていない場合
・この保険契約の支払責任額

②他の保険契約等から保険金または共済金が支払われた場合
・次の算式によって算出した額。ただし、この保険契約の支払責任額を限度とします。

・ご加入者、被保険者(保険の補償を受けられる方)、保険金受取人の故意または重大な過失

・自動車または原動機付自転車の無資格運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用しての運転中に生じた事故

・脳疾患、疾病、心神喪失

・妊娠、出産、流産または外科的手術その他の医療処置

・地震もしくは噴火またはこれらによる津波

・戦争、内乱、暴動(※4)

など

(※1)乗客として搭乗している航空機または船舶(日本国外に寄港する予定のものを除きます。)が、通常の航路により日本国外を通過する場合または当該航空機もしくは船舶に対する第三者による不法な支配その他被保険者の責めに帰すことのできない事由により日本国外に出た場合は、日本国外における事故も含みます。

(※2)上記傷害保険金における「ケガ」には、有毒ガスまたは有毒物質による急性中毒を含みます。

(※3)対象となる手術は、以下の①・②とします。
①公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表によって手術料の算定対象として列挙されている手術。ただし、創傷処理、抜歯などお支払い対象外の手術があります。
②先進医療に該当する診療行為。ただし、診断、検査等を直接の目的とした診療行為などお支払いの対象外となるものがあります。

(※4)戦争危険等免責に関する一部修正特約がセットされているため、テロ行為による場合は補償の対象となります。

(※5)所定の部位とは肩関節、ひざ関節等の上肢または下肢の3大関節部分、肋骨、胸骨等の約款に記載の部位をいいます。

(※6)ギプス、ギプスシーネ、ギプスシャーレまたはシーネ等の硬性の固定具をいいます。

  • 本ホームページは保険の概要をご説明したものです。ご加入にあたっては、専用パンフレットと「重要事項説明書」をご一読ください。なお、ご不明な点は取扱代理店または共栄火災までご照会ください。
  • ご加入の際には加入依頼書の記載内容に間違いがないか十分にご確認ください。

引受保険会社:共栄火災海上保険株式会社  
保険契約者:全国大学生活協同組合連合会


ページの先頭へ