保険始期:2016年4月1日〜の方

学生賠償責任保険 保険金請求のしかた

保険金支払いまでの流れ

  • 在学の生協共済受付窓口に行くか、下記へご連絡ください。

大学生協 共済・保険サポートダイヤル

0120-335-770(通話料無料)

受付時間:【平日】9:40〜17:30
【土曜】9:40〜13:00 【日祝】休業

学生賠償責任保険・扶養者死亡保障保険の事故連絡・保険金請求に関するお問い合わせは、24時間365日受付

(日本国内からのみ)

インターネット事故受付サービス

URL : http://jiko-univcoop.com/

24時間/365日・海外からもOK!!
(英語併記 : English is followed by Japanese)

ご注意ください

  • このサービスは学生賠償責任保険(加入の型:16H型・2016年4月1日以降に保障開始)加入者専用のサービスです。
  • ※事故受付に際しては、学生賠償責任保険の加入者番号が必要になります。
    海外旅行をされる場合などは、事前に加入者番号を控えておいてください。
    加入者番号がわからない場合は、出発前に所属の大学生協、または大学生協 共済・保険サポートダイヤル(0120-335-770)にお問い合わせください。
  • ※大学生協 共済・保険サポートダイヤル(0120-335-770)にお問い合わせの際は、音声ガイダンスが流れたら、「2」を押してください。次のガイダンスが流れたら「3」を押してください。
  • ご連絡を受け付けた後、翌営業日以降の時間内(月〜金 9時〜17時 ※年末始・祝日除く)に、三井住友海上保険金お支払センター担当者から連絡します。
  • 受け付けた事故内容は三井住友海上保険金お支払センターおよび 大学生協保険サービスの担当者へ共有されます。

万一事故が発生した場合は、すみやかにご連絡ください。ご連絡が遅れますと保険金が削減されて支払われる場合がありますのでご注意ください。

  • 大学生協 共済・保険サポートダイヤルから必要書類を受け取ります。

  • 必要な書類をそろえます。

必要な書類について

  • 大学生協 共済・保険サポートダイヤルに書類を提出します。

  • 三井住友海上で審査し、保険金をお支払いします。

必要な書類について

傷害事故・賠償事故

以下の書類のうち引受保険会社が求めるもの

  • 引受保険会社所定の保険金請求書
  • 引受保険会社所定の同意書
  • 事故原因・損害状況に関する資料
  • 被保険者またはその代理人の保険金請求であることを確認するための資料(住民票、健康保険証(写) 等)
  • 引受保険会社所定の診断書
  • 診療状況申告書
  • 公の機関(やむを得ない場合は第三者)等の事故証明書
  • 死亡診断書
  • 他から支払われる損害賠償金・保険金、給付金等の額を確認する書類
  • 損害賠償の額および損害賠償請求権者を確認する書類
  • 引受保険会社所定の事故内容報告書、損害または費用の発生を確認する書類およびその他これらに類する書類

事故の内容、損害額等に応じて上記の書類以外の書類をご提出いただくようお願いすることがあります。

※保険金のご請求は、原則として被保険者(組合員)ご本人が行ってください。
ご本人が未成年の場合は親権者となります。

ご注意いただきたい事

ご注意いただきたいこと-傷害事故

  • すでに存在していた身体の障害や病気(骨粗しょう症を含みます。)の影響によりケガの程度が重大となった場合は、その影響がなかった場合に相当する額を保険金としてお支払いします。(ケガの原因が病気のみに起因する場合は保険金支払の対象とはなりません。)
  • 死亡保険金をご請求いただいた場合は、三井住友海上の指定する医師が作成した加入者(被保険者)の診断書または死体検案書の提出を求めることがあります。(これらの費用は三井住友海上が負担します。)

ご注意いただきたいこと-賠償事故1

  • 示談および賠償金については、あらかじめ三井住友海上にご相談ください。
    事前にご相談いただけない場合は、賠償金の一部または全額をお支払いできない場合がありますのでご注意ください。
  • 日本国内での日常生活における賠償事故(日本国外の裁判所に訴訟が提起された場合を除きます。)の場合、相手方および被保険者の同意が得られれば、三井住友海上が被保険者のために示談交渉をお引き受けいたします。ただし、被保険者が正当な理由なく三井住友海上への協力を拒まれた場合には、三井住友海上は相手方との示談交渉はできません。
  • ※示談交渉をお引き受けできない場合もありますので、詳しくは大学生協 共済・保険サポートダイヤルまでお問い合わせください。
  • ※正課の講義等における賠償事故(人格権侵害)は、示談交渉サービスの対象外です。

ご注意いただきたいこと-賠償事故2

  • 加害者が複数の場合は共同責任となります。
  • 相手方にも過失がある場合には、妥当な損害額から相手方の過失割合相当額を差し引いた金額をお支払いします。
  • 自動車・バイク(原動機付自転車を含みます。)による事故については保険金支払の対象となりません。
  • アパートなどの借用戸室を壊した場合(汚損を含みます。)は保険金支払の対象となりません。
  • 職務遂行(アルバイトおよびインターンシップ・正課の講義等を除きます。)に直接起因する事故は保険金支払の対象となりません。
  • 同居の親族に対する事故は保険金支払の対象となりません。

ご注意いただきたいこと-賠償事故3

賠償事故が発生し保険金が支払われる場合、被保険者の三井住友海上への保険金請求権に対して、被害者は先取特権(賠償責任保険金から、他の債権者に優先して弁済を受けられる権利)を行使することができます。 被保険者への保険金のお支払いは、被保険者が被害者に対してその損害の賠償をした場合、または被害者が承諾した場合に限られます。

こんな時は支払われません

  • 自動車・バイク(原付を含む)による第三者への賠償責任
  • スポーツ(通常のルールの範囲)における参加者間の賠償責任(法律上の賠償責任が発生しない場合)
  • 大学の管理責任下での賠償責任(法律上、学生個人に責任がない場合)
  • 借用戸室の損壊について貸主に対する賠償責任

…など

日常生活(正課の講義等を含む)
における賠償事故
正課の講義等における
賠償事故(人格権侵害)・責用損害

①保険契約者または被保険者の故意による損害

②被保険者の職務遂行(アルバイトおよびインターンシップを除きます。)に直接起因する損害賠償責任(仕事上の損害賠償責任)

③被保険者の使用人(家事使用人を除きます。)が業務従事中に被った身体の障害に起因する損害賠償責任

④第三者との損害賠償に関する約定によって加重された損害賠償責任

⑤被保険者と同居する親族に対する損害賠償責任

⑥他人から借りたり預かったりした物(住宅内保管中または本人によって一時的に住宅外で管理している受託品を除く)を壊したことによる損害賠償責任

⑦心神喪失に起因する損害賠償責任

⑧被保険者または被保険者の指図による暴行、殴打による損害賠償責任

⑨自動車等の車両(ゴルフ場敷地内におけるゴルフカートを除きます。)、船舶、航空機、銃器、職務のために使用する動産または不動産の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任

⑩戦争、その他の変乱、暴動による損害

⑪地震もしくは噴火またはこれらを原因とする津波による損害

⑫核燃料物質等の放射性・爆発性等による損害賠償責任

受託品に関する賠償事故

上記①、③〜⑫に加え、以下のとおり。

  • 自殺行為、犯罪行為または闘争行為による受託品の損害
  • 自動車等の無資格運転、酒気帯び運転または麻薬等を使用しての運転中の事故による受託品の損害
  • 公権力の行使(差し押え・没収・破壊等)による受託品の損害
  • 受託品に生じた自然発火または自然爆発
  • 偶然な外来の事故に直接起因しない受託品の電気的事故・機械的事故(故障等)による損害
  • 自然消耗、性質による蒸れ・腐敗・さび・かび・変色、ねずみ食い、虫食い、欠陥による受託品の損害
  • 屋根、扉、窓、通風筒等から入る雨、雪または雹(ひょう)による損壊による受託品の損害
  • 引き渡し後に発見された受託品の損壊による損害賠償責任
  • 受託品を使用不能にしたことによる損害賠償責任(収益減少等)
  • 通常必要とされる取扱い上の注意に著しく反したことまたは本来の用途以外に受託品を使用したことに起因する損害賠償責任
  • 別記の「保障対象外となる主な『受託品』」の損害

上記①、③〜⑥、⑩〜⑫に加え、以下のとおり。

  • 自動車、施設外における船舶または車両の所有、使用または管理に起因する賠償責任
  • 保険期間開始前に既に感染していた感染症にかかる治療、検査費用
  • 排水または排気(煙を含みます。)に起因する賠償責任
  • 大学が負担すべき被保険者(加入者)の管理責任にかかわる賠償事故

 

…など

◎保障対象外となる主な「受託品」…通貨、預貯金証書、有価証券、印紙、切手、稿本(本などの原稿)、設計書、図案、証書、帳簿、貴金属、宝石、書画、骨董(とう)、彫刻、美術品、自動車(被牽(けん)引車を含みます。)・原動機付自転車・船舶(ヨット、モーターボートおよびボートを含みます。)・航空機およびこれらの付属品、自転車・サーフボード・ウインドサーフィン・ラジコン模型およびこれらの付属品、携帯電話(PHSを含みます。)等の移動体通信端末機器およびこれらの付属品、ラップトップまたはノート型のパソコン・携帯ゲーム機・電子手帳・電子辞書・電子書籍等の携帯式電子機器およびこれらの付属品、携帯オーディオプレーヤー等の携帯式音響機器およびこれらの付属品、携帯レコーダー等の携帯式録音機器およびこれらの付属品、銃砲、刀剣、パンフレット記載の「保障対象外となる運動等」を行っている間のその運動等のための用具、動物・植物等の生物、建物(畳、建具、浴槽、流し、ガス台、調理台、棚および電気・ガス・暖房・冷房設備その他の付属設備を含みます。)、門、塀・垣、物置、車庫その他の付属建物

など

(注)正課の講義等(*1)において、その目的にしたがって使用している自動車(被牽(けん)引車を含みます。また、道路以外の場所においてのみ運行の用に供するものおよび農耕作業の用に供する目的として製作された小型特殊自動車に限ります。)、原動機付自転車(道路以外の場所においてのみ運行の用に供するものに限ります。)、自転車、ラジコン模型、携帯電話(PHSを含みます。)等の移動体通信端末機器およびこれらの付属品、ラップトップまたはノート型のパソコン・携帯ゲーム機・電子手帳・電子辞書・電子書籍等の携帯式電子機器およびこれらの付属品、携帯オーディオプレーヤー等の携帯式音響機器およびこれらの付属品、携帯レコーダー等の携帯式録音機器およびこれらの付属品、山岳登はん(*2)を行っている間のその運動等のための用具は保障されます。

(*1)次に掲げるものをいいます。●ア.正課の講義/大学等(*3)が授業として取り扱う講義、実験、実習、演習等(臨床実習、看護実習等の医療関連実習も含みます。)●イ.学校行事/大学等(*3)が教育活動の一環として主催する行事(正課の講義以外の大学が主催する行事を含みます。)●ウ.教育実習/教育職員免許法(昭和24年法律第147号)第5条1項の別表第1、別表第2または別表第2の2に定める単位習得のために行う、教育職員免許法施行規則第6条第5欄に掲げる教育実習●エ.特例実習/小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律(平成9年法律第90号)第2条に定める、特別支援学校または社会福祉施設その他の施設で文部科学大臣が厚生労働大臣と協議して定めるものにおいて行われる、障害者、高齢者等に対する介護、介助、これらの方との交流等の体験●オ.インターンシップ/加入者(被保険者)が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと(アルバイトは含みません。)●カ.ア.またはイ.に準じるボランティア活動/正課の講義・学校行事に準じて加入者(被保険者)が行うボランティア活動(部活動、サークル活動として行うボランティア活動は含みません。)

(*2)ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの、ロッククライミング(フリークライミングを含みます。)をいいます。

(*3)学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学、大学院、短期大学、高等専門学校およびこれと同等の教育機関をいいます。

<※の用語のご説明>
●「その他の変乱」とは、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変をいいます。●「自動車等」とは、自動車または原動機付自転車をいいます。●「酒気帯び運転」とは、道路交通法第65条(酒気帯び運転等の禁止)第1項に定める酒気を帯びた状態で自動車等を運転することをいいます。

示談交渉サービスのご案内

示談交渉について(学生・こども総合保険のみ)

  • 日本国内の日常生活の賠償事故の場合、保険会社による示談交渉を希望するか否かを確認します。事故の相手方および被保険者の同意を得られた場合、被保険者に代わって保険会社が直接被害者と示談交渉を行います。
  • 事故現場での示談は、絶対に行ってはいけません。
  • ※示談交渉をお引き受けできない場合もありますので、詳しくは大学生協 共済・保険サポートダイヤルまでお問い合わせください。
  • ※正課の講義等における賠償事故(人格権侵害)は、示談交渉サービスの対象外です。

賠償事故を起こした場合、被害者とその場で賠償額や慰謝料などの話はしないで、大学生協 共済・保険サポートダイヤルに連絡しましょう!

〈事故に関するお問い合わせ〉

大学生協 共済・保険サポートダイヤル
〔通話料無料〕0120-335-770

受付時間:【平日】9:40〜17:30
【土曜】9:40〜13:00 【日祝】休業

学生賠償責任保険・扶養者死亡保障保険の事故連絡・保険金請求に関するお問い合わせは、24時間365日受付

(日本国内からのみ)

加入者が日常生活中にトラブルを抱えたときのために

生活サポートサービス

ご相談無料

日常生活に役立つさまざまなサービスを電話にてご利用いただけます。学生・こども総合保険などにご加入のお客さまとその同居のご家族の方専用サービスです。

詳しくは、取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。

健康・医療 年中無休24時間対応
  • 健康・医療相談(医師相談は一部予約制)
  • 医療機関総合情報提供
  • 診断サポートサービス(各種人間ドック機関紹介等)
  • 三大疾病セカンドオピニオン情報提供
  • 女性医師情報提供、女性医師相談(医師相談は一部予約制)
介護 年中無休24時間対応
  • 介護に関する情報提供
  • 介護に関する悩み相談
  • 公的介護保険で利用できるサービス等に関する相談
  • 認知症に関する情報提供と悩み相談
暮らしの相談 平日14:00〜17:00
  • 暮らしのトラブル相談(法律相談)
  • 暮らしの税務相談
    弁護士・税理士との相談は予約制

お客さまの行っている事業についてのご相談や、既に弁護士に対応を依頼している案件、訴訟となっている案件についてのご相談は対象となりません。また、引受保険会社の保険に関連するご相談は、取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。

情報提供・紹介サービス 平日10:00〜17:00
  • 子育て相談 (12才以下)
  • 暮らしの情報提供(冠婚葬祭、ボランティア情報)
  • 安心な暮らしをサポートする事業者の紹介
健康・介護ステーション
インターネットにて健康・医療、介護に関する情報をご提供します。
URL:http://www.ms-ins.com/kenko_kaigo/index.html
  • ○サービス受付の電話番号(通話料無料)は、ご加入後にお届けする加入者証や案内状の案内などをご覧ください。
  • ○平日とは、土・日・祝日・年末・年始を除いた月〜金をいいます。
  • ○お使いの電話回線により、ご利用できない場合があります。また、ご利用は日本国内からに限ります。
  • ○本サービスは、引受保険会社の提携サービス会社にてご提供します。海外に関するご相談など、ご相談内容によってはご対応できない場合があります。
  • ○本サービスは予告なく変更・中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このHPは保険の特徴を説明したものです。詳しい内容は「大学生協の学生総合共済パンフレット」をご覧ください。

B16-102426.使用期限2023.4.1

保険金請求のしかたTOPへ戻る


ページの先頭へ