扶養者死亡保障保険 保険金請求のしかた

保険金支払いまでの流れ

  • 在学の生協共済受付窓口に行くか、下記へご連絡ください。

大学生協 共済・保険サポートダイヤル

0120-335-770(通話料無料)

  • 受付時間:24時間365日対応 (日本国内からのみ)

万一事故が発生した場合は、すみやかにご連絡ください。ご連絡が遅れますと保険金が削減されて支払われる場合がありますのでご注意ください。

  • 共栄火災大学生協事故センターから必要書類を受け取ります。

  • 必要な書類をそろえます。

必要な書類について

  • 共栄火災大学生協事故センターに書類を提出します。

  • 共栄火災で審査し、保険金をお支払いします。

必要な書類について

扶養者死亡等による学資費用

  • 保険金請求書兼同意書
  • 死亡診断書(死体検案書)
  • 学費の納付証明書類
  • 申告書(学費のみで保障金額以上となる場合は作成不要です)
  • 扶養者の戸籍謄本
  • 在学証明書
  • 保険期間中に発病したことおよび疾病の内容を証明する医師の診断書(疾病による請求の場合)
  • 交通事故証明書(交通事故による請求の場合)
  • 事故状況報告書
    など

救援者・捜索救助費用
(保険始期が2016年4月1日以降の場合)

  • 保険金請求書兼同意書
  • 加入者(被保険者)が保険金支払の事由に該当したことを証明する書類
  • 費用の支出明細書およびその支出を証明する書類
  • 委任状
  • 委任者の印鑑証明書
    など

傷害事故

  • 保険金請求書兼同意書
  • 死亡診断書(死体検案書)
  • 戸籍謄本
  • 委任状
  • 委任者の印鑑登録証明書
  • 交通事故証明書(交通事故による請求の場合)
  • 事故状況報告書
    など

ご注意いただきたい事

ご注意いただきたいこと-傷害事故

  • すでに存在していた身体の障害や病気(骨粗しょう症を含みます。)の影響によりケガの程度が重大となった場合は、その影響がなかった場合に相当する額を保険金としてお支払いします。(ケガの原因が病気のみに起因する場合は保険金支払の対象とはなりません。)
  • 死亡保険金をご請求いただいた場合は、共栄火災の指定する医師が作成した加入者(被保険者)の診断書または死体検案書の提出を求めることがあります。(これらの費用は共栄火災が負担します。)

ご注意いただきたいこと-扶養者死亡等による学資費用

学資費用保険金(傷害死亡、傷害重度後遺障害、疾病死亡)をご請求いただいた場合は、共栄火災の指定する医師が作成した扶養者の診断書または死体検案書の提出を求めることがあります。
(これらの費用は共栄火災が負担します。)

〈事故に関するお問い合わせ〉
大学生協 共済・保険サポートダイヤル
〔通話料無料〕0120-335-770
受付時間:24時間365日対応

こんな時は支払われません

  • 保障開始前に既に負担していた(払込が終了した)学資費用
  • 扶養者が病気、事故で亡くなられる前に既に負担していた学資費用
  • 扶養者が死亡した時に、既にご加入者(学生本人)を扶養していない場合
  • 扶養者が保険始期前に発病した病気や、事故により亡くなられた場合
    ただし、保険開始日より2年を経過した場合は、保険始期前の発病でもお支払いいたします。
  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波が原因でご加入者(学生本人)および扶養者が亡くなられた場合
    (保険始期が2016年3月31日以前の場合)

事故の場合は、重度後遺障害を含みます。

保険金をお支払いできない主な場合

疾病死亡・事故死亡および重度後遺障害による学資費用【共通】

①加入者(被保険者)または扶養者の故意または重大な過失

②自殺行為、犯罪行為または闘争行為

③妊娠、出産、早産または流産

④戦争、 外国の武力行使または暴動など (「条件付戦争危険等免責に関する一部修正特約」 が付帯されているため、 テロ行為による損失 (費用) については補償の対象となります。)

⑤核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性による事故

⑥扶養者が扶養不能状態となった時に、加入者(被保険者)を扶養していない場合

………など

疾病死亡による学資費用 事故死亡および重度後遺障害による学資費用

⑦扶養不能状態の原因となった疾病の発病が保障期間の開始日より前である場合

⑧麻薬、あへん、大麻または覚せい剤、シンナー等の使用(治療を目的として医師が用いた場合を除きます。)

……など

⑦扶養者の脳疾患、疾病または心神喪失(たとえば歩行中に疾病により意識を喪失し転倒をしたためにケガをされた場合など)

⑧扶養者に対する刑の執行

⑨地震もしくは噴火またはこれらによる津波
(保険始期が2016年3月31日以前の場合)

⑩扶養者が無資格または酒気帯びもしくは麻薬などの使用により正常な運転ができないおそれのある状態で自動車等を運転している間に生じた事故

……など

加入者(被保険者)自身のケガによる死亡

①加入者(被保険者)または加入者の親権者もしくは後見人の故意または重大な過失

②保険金を受け取るべき者の故意または重大な過失 (その者が死亡保険金の一部の受取人である場合は、 他の方が受け取るべき金額については、この限りではありません。)

③自殺行為、犯罪行為または闘争行為

④無資格または酒気帯びもしくは麻薬などの使用により正常な運転ができないおそれのある状態で自動車等を運転している間に生じた事故

⑤脳疾患、疾病または心神喪失 (たとえば歩行中に疾病により意識を喪失し転倒をしたためにケガをされた場合など)

⑥妊娠、 出産、 早産または流産

⑦地震もしくは噴火またはこれらによる津波(保険始期が2016年3月31日以前の場合)

⑧核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性による事故

⑨戦争、 外国の武力行使または暴動など(テロ行為を除く)

⑩山岳登はん (ピッケル、 アイゼンなどの登山用具を使用するもの)、 スカイダイビング、 ハンググライダー搭乗など特に危険度の高い運動を行っている間の事故

⑪自動車、原動機付自転車、モーターボート(水上バイクを含む。)、ゴーカート、スノーモービルその他これらに類する乗用具による競技、競争、興行(いずれもそのための練習を含む。)または試運転(性能試験を目的とする運転または操縦をいいます。)をしている間のケガ

………など

救援者・捜索救助費用

①加入者(被保険者)や保険金受取人の故意または重大な過失による事故

②加入者(被保険者)の自殺行為・犯罪行為・闘争行為による事故

③加入者(被保険者)が無資格運転・酒気帯び運転・麻薬等を使用しての運転中に生じた事故

④地震もしくは噴火またはこれらによる津波による事故

⑤妊娠・出産・流産による事故

⑥ピッケルなどの登山用具を使用する山岳登はんなどの危険な運動を行っている間の事故

………など

保険金支払いについては

共栄火災「あんしんほっとライン」にご連絡ください

0120-044-077(通話料無料) 受付時間:24時間365日

B1524401E2472-20160325

保険金請求のしかたTOPへ戻る


ページの先頭へ