エイチ・エス損保 国内旅行総合保険
補償項目概要のご案内

死亡・後遺障害 旅行中の事故によるケガが原因で事故の発生日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合や死亡した場合にお支払いします。後遺障害の場合は後遺障害の程度に応じて死亡・後遺障害保険金額の4%〜100%を、死亡の場合は死亡・後遺障害保険金額の全額をお支払いします。
入院 旅行中の事故によるケガが原因で事故の発生日からその日を含めて180日以内に入院した場合に、入院の日数に対して1日につき入院保険金日額をお支払いします。ただし、事故の発生日からその日を含めて180日を限度とします。
手術 旅行中の事故によるケガが原因で、その治療のため、事故の発生日からその日を含めて180日以内に病院または診療所において約款所定の手術を受けた場合に、次の金額をお支払します。ただし、1事故について事故の発生日からその日を含めて180日以内の手術1回に限ります。
・入院中に受けた手術の場合は入院保険金日額の10倍
・入院以外に受けた手術の場合は入院保険金日額の5倍
通院 旅行中の事故によるケガが原因で、事故の発生日からその日を含めて180日以内に通院(往診を含み治療をともなわない、薬剤、診断書、医療器具等の受領のためのものは含みません。)した場合に、通院の日数に対して、1日につき通院保険金日額をお支払いします。ただし、事故の発生日からその日を含めて180日以内の通院に限り90日を限度とします。
賠償責任 旅行中に誤って他人にケガをさせたり、他人のものを壊すなどして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に、1回の事故について、賠償責任保険金額を限度に損害賠償金の額をお支払いします。
携行品 旅行中の偶然な事故により、携行品(現金・乗車船券・宿泊券、衣類、カメラなど)に損害が生じた場合に、携行品1つ(1点・1組または1対)あたり10万円(乗車券・現金等の場合は5万円)を限度として、時価額または修理可能な場合は修理費のいずれか低い額から自己負担額3,000円を差し引いた額をお支払いします。
※契約タイプにより、携行品の補償がある場合とない場合があります。
救援者費用 旅行中に遭難した場合や旅行中の事故によるケガにより14日以上入院した場合などに、保険契約者、被保険者または被保険者の親族が負担した捜索救助費用、家族が看護や事故処理のために現地へ行く際の交通費、現地での宿泊料などをお支払いします。

ご加入の方法

インターネットで契約
クレジットカードが必要です

  • 国内旅行総合保険とは、傷害保険普通約款に次の特約を付帯したものです。
    ○国内旅行傷害保険特約
    ○救援者費用等補償特約(国内旅行傷害保険用)
    ○賠償責任危険補償特約(国内旅行傷害保険用)
    ○携行品損害補償特約(国内旅行傷害保険用)※携行品の補償がある契約タイプの場合のみ適用されます。
  • このホームページは、エイチ・エス損保の国内旅行総合保険の概要をご紹介したものです。この保険の詳細については契約ページの「重要な事項等のご説明」をご参照ください。
  • その他、ご不明な点につきましては下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先
エイチ・エス損害保険 インターネット契約デスク
TEL:0120-935-301(通話料無料)
受付時間:10:00~18:00(土日・祝日・年末年始を除く)

<引受保険会社>
エイチ・エス損害保険株式会社

承認番号:LCD15-230


ページの先頭へ