保険の常識・非常識をチェック

保険って入った方がいいの!? 自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険は強制保険ともいわれ、車やバイクに乗る人に加入が義務づけられている保険です。 この自賠責保険に加入しないで運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金。さらに免許停止などの対象にもなります。

ただ、この自賠責保険は交通事故の被害者を救済する目的で創られた制度なので、補償されるのは事故をおこし、他人を死傷させてしまった場合(対人賠償)のみになります。 また、補償の上限金額も決まっており「被害者1人につき、死亡で3000万円・後遺障害で75~4,000万円・傷害で120万円まで」となっています。 それを超える金額の賠償や物を壊してしまったとき、自分の愛車、自分自身のケガに備え、任意保険(自動車保険)の加入もセットで考えましょう。

任意保険(自動車保険)は、自賠責保険の上乗せの保険です。相手のケガ(対人賠償保険)はもちろん、相手の物(対物賠償保険)、自分や同乗者のケガ(人身傷害保険、搭乗者傷害保険)、自分の車(車両保険)にまで備えることが出来るので、万が一の場合にも安心できる内容となっています。 自賠責保険と任意保険、どちらにも加入して安心してドライブを楽しみましょう。

え!? 保険がでないの!? 保険の落とし穴をチェック!

自賠責保険と任意保険(自動車保険)に入っているからといって油断はできません。 「飲酒」「居眠り」「無免許」「速度違反」など故意または極めて重大な過失によって生じた損害などは損害賠償の他、『刑事上の責任』『行政上の責任(免停など)』が発生するだけではなく、保険契約上の免責(保険金を支払わないケース)となる場合があります。 交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

保険会社によって保険料が違うって本当!?

自動車保険の保険料は、契約する補償内容の違いだけではなく、保険会社によっても大きく違います。 保険会社の種類には大きく2つがあり、主に保険代理店を介して保険を契約するタイプと、代理店を介さず、保険会社から直接保険を契約する通販系(ダイレクト系)があります。 一般的に代理店を介さずに契約する通販系の自動車保険の方が中間コストが無い分、保険料が安く設定されています。

最近はインターネット上にて簡単に契約できるという利便性、通販ならではの安価な保険料などから、通販系の保険に契約する人が増えてきています。インターネットで気軽に保険料を確認(見積もり)することができるので、インターネットをよく利用する人や節約指向の方、自動車保険は初めてという方は、無料なので気になる会社の保険料の見積もりを試してみるといいでしょう。

他人の自動車・バイクを運転する時の注意点は!?

免許をとったらすぐ運転したいですよね。でもちょっと待って。自分以外の車を運転するときの注意点をチェックしてからにしましょう。

事例01 免許証取得後、友だちの家のマイカーでドライブに出かけ、運転をする場合。
注意点 自動車保険の確認をしましょう。特に、補償の対象となる運転者について確認しましょう。『「家族のみ」「自分と配偶者のみ」などに限定する』、『「35歳以上」「30歳以上」などに限定する』など、運転者を限定する特約がついていると「万が一」の場合、自賠責保険以外は補償されないので注意しましょう。
事例02 友だちの車を運転させてもらい事故を起こしてしまったが、友だちの車の自動車保険が適用され、無事に保険金も支払われたので自腹を切らなかった場合。
注意点 保険を使うと一般的に翌年度から等級が下がり、保険料が高くなってしまいます。ただでさえ事故で迷惑をかけてしまった上に、今後の保険料負担についてまで、友だちに更なる迷惑をかけてしまうことになりますので、注意が必要です。
事例03 友人や先輩の車をよく運転するが、さすがに先輩には自動車保険の内容までは聞きづらい場合。
注意点 たしかに、友人には自動車保険の内容を聞けたとしても、先輩や上司にはなかなか聞きづらいものです。 ましてや、運転を代わってほしいと頼まれた場合、「補償の対象となっていないので運転しません」とは言いづらいと思います。ただ、自動車を運転する以上、リスクは存在するので、勇気をもって聞いてみることも必要です。また、対策として「ドライバー保険」が有効と考えられますので、検討してみましょう。

安全運転を心がけるのはもちろんですが、適用される保険を確認しておくことも重要です。 また、今回の様な事例の場合、自分の保険で責任がとれる【ドライバー保険】が役立ちますので、一度確認しておくと良いでしょう。

ドライバー保険 無料見積もりはこちら

三井ダイレクト ドライバー保険 無料見積もり・お申し込み

バイク・自動車・ドライバー保険 TOP


ページの先頭へ